パリ、新型コロナが世界を変えた

3回目のロックダウンのパリでの暮らし

一泊旅行中

 一泊旅行に来ています。

 

 通常なら、日帰りする程度の場所ですが、夜間外出禁止令があるため、日帰りが難しいのです。

 

 ホテルに泊まるか、アパートにするか?迷いました。

 

 ほとんどのホテルがチェックイン前後もお手洗いを貸してくれ、荷物を預かってくれることを考えるとホテルに軍配が上がりますが、キッチンで温かい物を作って食べることができることを考えると、アパートですね。

 

 悩んだ挙げ句、今回はホテルにしました。フランスは最近、暖かいので、冷たい食事でもいいかな、と。夕食作りから逃れることができました。やったー、うれしい。すみません~。ぐうたらで。

 

 ですが、地方都市なのでテイクアウトがなかなかなくて探し回りました(ホテルによっては二食付きもあるよう)。お手洗いの面では、ホテルにして本当に良かったです。(現在、新型コロナの影響でレストラン、カフェが営業していない。デパートなどの大型施設も閉店。公共のトイレしか使えないので、出かけるのが難しいフランスです)

 

 私が今いるホテルは何と、午前10時半にチェックインさせてくださいました。この、ホテルにして良かったー。

 

 そして、温かいお湯がふんだんに出て、湯船も足が伸ばせるサイズ。入浴剤を持ってこなかったことを持ってこなかったことを後悔。ホテル併設のスパがあるホテルもありますが、そのスパも新型コロナで営業していないホテルがほとんどのようです。せめて、湯船でゆったり湯に浸かろう。


f:id:clairefr:20210223081452j:image

 

 いつもいるアパートは、中庭に面していて、屋根などが見え、外の様子が分からないのですが、このホテルの窓の外は道路や建物なので、夜間外出禁止令以降の路上観察も面白かったです。


f:id:clairefr:20210223083833j:image

 


f:id:clairefr:20210224041138j:image

  南仏アルプ=マリティーム県(県庁ニース)は、新型コロナの感染者が多く、2月26日から2週に渡り週末の全日外出制限を実施することを発表しました。やむを得ず外出する際は外出証明の携帯が必須で、散歩のための外出は1時間、半径5km以内と決められました。


 パリやイル・ド・フランス地方も同じような外出禁止令が発令される可能性があるとテレビのニュースで言い始めました。ふう…。そうなの?

 

 それでなくとも約一年間、ロックダウン等で、家に閉じ込められた日々。たった一泊ですが、少し環境を変え、少しパリから離れ違う街に身を置くだけでも、リフレッシュできる気がします。

 

 アパートの部屋を出てくる前に洗濯物を干してきました。帰ったら、干している洗濯物が乾いているー。狭い部屋に住む者の知恵です。