パリ、新型コロナが世界を変えた

外出制限後のパリでの暮らし

アミアン 雨宿りにショコラティエに入ったらブリジット大統領夫人のご実家経営のお店だった

 26日夜に移動し、27日夕方まで滞在したオー=ド=フランス地域圏(Région des Hauts-de-France) ソンム県(Département de la Somme)の県庁所在地、アミアン。滞在中、70%以上を雨と風に見舞われました。雨だけなら良かったのですが、天気予報でも風速60キロ。。。


 街歩きするのに、お天気は大切です。

 着いたときから、暴風と雨。傘がひっくり返ってみたり。

 太陽は自然の恵みですね。

 そんな日だからこそ、ときどき、見せてくれた太陽のありがたいこと。

f:id:clairefr:20200629225341j:plain

 アミアンマクロン大統領とブリジット大統領夫人の出身地。雨宿りに偶然入った大聖堂に面した広場のショコラティJean Trogneux(写真右の建物)。後で知ったのですが、ブリジット夫人のご実家が経営しているのだそうです。(お店にはそのことが分かる宣伝ないので、パリに帰って来て知ったため写真も撮りませんでした)そこで食べたキャラメルアイスの美味さに脱帽しました。

 このお店、お土産屋さん、ショコラティエ、カフェを兼ねていて、来店者も多くサービスの方も大忙しの中、てきぱきとサービスしていただきました。アミアンのマカロンが有名で、買って行く人も多かったです。次に行ったら買って来よう。


ショコラティエJean Trogneuxのサイト
https://www.trogneux.fr/index.cfm?gclid=Cj0KCQjw0YD4BRD2ARIsAHwmKVkqMBiY2qRkEBGB-TeS4yjFtvs49AG9bxeuzSpjvES96us9eoC0h48aApEpEALw_wcB


https://fr.m.wikipedia.org/wiki/Jean_Trogneux

 アミアンで1番行きたかったソンム川沿いの湿地を利用した水上庭園(Les Hortillonnages )は7月1日から再開とのこと。フランスのニュース番組で、コンフィヌモン(外出制限)中にそこの映像を見たので、1番行きたかったんですが。残念。

 さらに暴風雨の中、建物の中に避難しようという意図もあって、雨風に吹き飛ばされそうになりながらピカルディー美術館に行ったら、閉館中。


 土曜日に美術館って開いているべきよね? ネット情報では開いてたじゃないかあ!と、怒ってもしょうがない。。。

 今は新型コロナウイルス期間中なのです。ルーヴル美術館など今も閉まっている美術館もあります。

 一方で、アミアン大聖堂は、今年800年目とのこと。フランスで1番高い大聖堂とも言われ、荘厳です。その大きさに圧倒されます。大聖堂に午前中入ったときは、ミサ、午後に入ったときは、洗礼があっていました。数週間前モーという街で大聖堂を訪れたときに比べて、大聖堂内、マスクを付ける義務もないようで、緊張感が全くありませんでした。



f:id:clairefr:20200705045019j:plain


 ゴシック様式の大聖堂としてはフランス最大規模、身廊の高さはフランスで1番高いそう。内外の彫刻も美しい。「泣く天使」という彫刻も見どころの一つ。床には描かれたラビリンスも描かれています。



f:id:clairefr:20200705045310j:plain



f:id:clairefr:20200705050250j:plain
【泣く天使】

f:id:clairefr:20200705045457j:plain



f:id:clairefr:20200705045531j:plain



f:id:clairefr:20200705050014j:plain



f:id:clairefr:20200705050340j:plain




 アミアンはパリから列車で1時間程度で行ける街。パリのノートルダム大聖堂を見学できない今、パリを訪れた人を観光案内する場所としても、いいのかも、と思ったりしました。



 大聖堂の夜のファサードのプロジェクションは7月15日から始まると観光案内所で伺いましたが、こういう時期なので、行く前に確認された方がいいかもです。

 お食事はどこも美味しかったです。夜はクレープ、デザートクレープをグランマニエにしました。

f:id:clairefr:20200705202326j:plain
グランマニエのクレープ。火を付けてアルコールを飛ばす】

お昼は、前菜にクレープの中にクリーム、キノコ、ハムを巻き込んで焼いた「フィセル・ピカルド」というこの地域の名物料理をいただきました。凄く美味しかったです。メインのお魚と野菜の料理も美味しくて大満足。

f:id:clairefr:20200705045821j:plain
【「フィセル・ピカルド」というこの地域の名物料理】

f:id:clairefr:20200705045848j:plain


f:id:clairefr:20200705050636j:plain
【サン•ルー地区のレストランla bistouilleでいただきました。また行こう】

 そして、お天気があまり良くないにもかかわらず、街中の人出は多かったです。アメリカ人も中国人もロシア人も入国できない今、パリの観光客は激減して影響が大きく、街を歩いても人が少なくて心配になってしまうのですが、アミアンは、コンフィヌモン前の日常が戻っていました!!!! 


f:id:clairefr:20200705200110j:plain
アミアンの繁華街】

 大聖堂、王の家(Logis du Roi)、ソンヌ川沿いサン•ルー地区散策、ジュール•ベルヌの家など、散策できました。のんびり散策するのにいい街です。

f:id:clairefr:20200705045241j:plain

f:id:clairefr:20200705045643j:plain

f:id:clairefr:20200705061400j:plain

f:id:clairefr:20200705061227j:plain

f:id:clairefr:20200705051105j:plain
【Logis du Roi(王の家)。歴史の舞台になった場所だったのですね】
https://fr.m.wikipedia.org/wiki/Logis_du_Roi



f:id:clairefr:20200705045744j:plain
【ジュール•ベルヌの家】


 パリに到着しても、暴風雨。

 お天気について不満を言いながら、帰宅し、テレビのニュースを見たら、この日のトップニュースは、ランス、トゥールーズなどで、暴風雨や雷、洪水による被害でした。


 天気が良かったり、悪かったりするのは当たり前。散策できて、無事に帰宅できたことを感謝しよう。

 太陽も雨も自然の恵み。
 お天気はコントロールできません。
 自然を完全に人間がコントロールすることはできないのです。
 自然と人間の関係についても考えることのできた良い旅になりました。